クレジットカードによる現金化は法律的にOKか?

クレジットカード現金化とは、分かりやすく言うと、クレジットカードで購入した品物を売って現金を得る方法のことです。
自分で商品を売買して現金化することもできますが、手間や効率の問題で、クレジットカード現金化を専門とする現金化業者が存在します。
では、クレジットカードの現金化は法律的にOKなのでしょうか?

クレジットカードの現金化は法律的に違法ではない!

結論から言うと、クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありません。
もし、違法だとすると、堂々と店舗を構えて現金化を行う業者はいるはずがありません。
皆さんも、クレジットカードで物を買ったけど、使わないから中古ショップに売ってしまったという経験もあるでしょう。
極端にいうと、これもある意味では現金化ですね。
初めから換金目的か否かの違いですが、そんなことその人に聞かないと分からないです。
したがって、こういった現金化を取り締まる法律がないのです。

法律的に違法ではないがカード会社の規約に違反する

クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありませんが、カード会社は規約で禁止しています。
本来は、現金を一時的に必要であれば、キャッシング機能を使ってお金を借りる必要があります。
仮にクレジットカード会社が現金化を認識した場合、利用をストップされ、最悪除名という処分が下る可能性があります。

以上説明した通り、クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありませんが、カード会社の規約には違反します。
法的に罰せられなくても、カードを利用できなくなる可能性があることを認識することが重要です。